テレクラの全てをレクチャー

小遣いもらって当たり前!?テレクラに援交目当ての女性が多い理由

投稿日:

テレクラには、援助交際を目的とする利用者が多数います。女性の大半は、この援助交際を目的としているといってよいでしょう。

しかし、それにしてもなぜ、テレクラや出会い系サイトなどの出会いの場には、援交目的の女性が多いのでしょうか?

「援交目的があまりにも多くていらいらする」
「タダでセックスしたいのに相手が見つからない」

そんな方も多いことでしょう。そこで当記事では、テレクラなどの出会いの場にはなぜ援交目的の女性が多いのか、その理由についてお話ししたいと思います。

テレクラや出会い系サイトにはなぜ援交目的が多い?

貰うのが当たり前になっているのが原因

テレクラ、出会い系サイト、そういった出会いの場に援交目的の女性が多いのは、援交目的の人が集まるというのもそうですが、何より、女性がセックスをしてお金をもらうのが当たり前になってしまっていること、べつにお金が欲しくて登録したわけではない女性までお小遣いをねだるようになってしまうような状況ができあがってしまっていることが、いちばんの原因ではないかと思います。

援交目的の女性は、まったく男性に相手にされないのかというと、全然そんなことはありません。売る女性がいれば、買う男性もいるのです。

少々不細工な人でも、ややぽっちゃりとした人でも、わりと簡単に相手を見つけられます。お金を払ってでもセックスしたい。そのように考える男性は決して少なくないわけですね。

そうすると、自分だけタダでセックスをするのは、なんだか損をしているように思われてこないでしょうか。

見た目が微妙でも、セックスをするだけで2~3万ももらえるのです。だったら自分もお小遣いを貰おう、と考える女性がいてもおかしくありません。そしてただのセフレ募集から援交目的になった女性らは、他の援交目的の女性と同じように、すぐに相手を見つけられるのです。

大好きなセックスをして、お小遣いをもらうことができるのです。相手の見た目については多少妥協しなければなりませんが、たった数時間でそれだけのお金を貰えるなら、我慢できるという人も多いでしょう。

このように、援交目的の女性でもすぐに相手を見つけられるという状況が、セフレ目的の女性をも援交目的にさせてしまう、お金を貰わないと損、貰うのが当たり前という風潮を生み出してしまっているのです。

業者が紛れ込んでいるのも一つの原因

それと、援交という形で客を取る「援デリ業者」が多数紛れ込んでいることも、テレクラや出会い系サイトに援交目的の女性が非常に多いように見えるひとつの理由といってよいでしょう。

援デリ業者は、いわば裏風俗嬢です。組織的に売春をしていることもあれば、どこかのお店に所属している風俗嬢が、個人的に小遣い稼ぎをしているケースもあります。

しかし、男性をセックスに誘うときのアプローチの仕方が大体みんな同じなので、おそらくは、巨大な売春組織の人間(裏風俗嬢)がテレクラや出会い系サイトに出入りしていると言うほうが当たっているでしょう。

援デリ業者の特徴は「最初だけ援助してほしい」と男性を誘うことです。

「最初にもらったお金は2回目以降のホテル代にする」

「2回目からはセフレ」

などといって男を誘うわけですね。これはもちろん嘘です。彼女らは同じ男性と二度会うつもりはないのです。

より多くの客を取るために、セフレになるということを餌に男性を釣るわけです。1回セックスしたあとはたぶん音信不通になるか、もしくは色々と理由をつけて再度援助を申し入れてくるんだと思います。

援交目的の女性は、確かに、お金を払えばすぐにでもヤらせてくれるという点で、一部の男性にとっては非常にありがたい存在といえるかもしれません。

しかしお金の問題というのは非常にシビアで、相手女性とトラブルになる可能性もあります。私は個人的には、援交目的の女性には関わらないほうがいいんじゃないかなあと思いますね。

-テレクラの全てをレクチャー

Copyright© テレクラ.コム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.